キッチンの水回りトラブル

排水溝の水はけが悪い・つまった

最近排水溝の水はけが悪い、排水溝から水が逆流してきた、排水溝がつまったなど、
キッチンでもつまりのトラブルが多い傾向にあります。
キッチンが完全につまる前には、水が流れていく速度が遅くなったり、
ゴボゴボという音が鳴るという前兆が出てきます。

また、料理をしていて切った食材が流れていった場合には、
前兆がなかったのに突然つまってしまうこともあります。
つまりの原因は、今まで流れてきた食べ物のカス食器洗い用洗剤の石鹸アカ料理に含まれる油などです。
それらの汚れが限界まで溜まってしまうため、つまったり水が逆流してきたりするのです。
そのため、つまりは、溜まった汚れを取り除かない限り改善されません。
排水溝がつまらないようにするためには、キッチンの構造を理解し、
なるべく汚れを流さないようにする必要があります。

キッチンは、排水トラップの下に排水パイプが接続してあり、排水パイプと排水管が繋がっています。
それらの排水設備に汚れがこびりつき、その汚れが年数が経つにつれだんだんと層になっていき、
排水ハイプや排水管の内部の排水が通る空間が狭くなっていくために水が流れにくくなります。

また、排水管はS字に曲がっている「トラップ」という部分があり、
下水の臭いや害虫が登ってこないように「封水」という水が溜めてあります。
このトラップ部分にも汚れが蓄積されやすくなっているため、つまりの原因になります。
食べ物カスがつまる場合、調理中に出た野菜の切りくずや皮、種などが流れやすいです。
ゴミ受けが設置してあれば大きなゴミは受け止めてくれますが、
設置されていないシンクでは直接流れて行ってしまいます。

また、小さな食べ物カスやそうめん・パスタなどの麺類は、
ゴミ受けの穴をすり抜けていってしまう場合があります。
その他、端やスプーン、フォークなどの食器類を誤って落としてしまった場合はすぐにつまります。
ただし、この場合は排水パイプで止まることが多いため、自分でも取り出せる可能性はあるでしょう。

そして、食べ物カスや石鹸カス以外に注意してほしい汚れの原因は、食事や調理の際に出た油です。
てんぷら油などの調理の際に大量に使用した油をそのまま流す人は少ないかと思いますが、
お皿やフライパンに付着した油はそのまま洗ってしまう人もいると思います。
油は冷えると固まる性質があるため、油汚れが排水管内に溜まっていくと白く固まり、
あっという間に排水管内を狭めてしまいます。
この油汚れは非常に頑固なため、届く場所でも自分で綺麗に掃除することは難しいです。

また、油汚れでなくても、排水管の奥の方に汚れがつまると自分で清掃することは非常に困難になるため、
業者に依頼する必要があります。
前兆が見られた場合は自分で掃除を行ってみて、それでも改善されない場合は、
完全に詰まる前に業者に依頼して排水設備の大掃除をしてもらうようにしましょう。
 
 

排水溝やシンク下から悪臭がする

家族数人で暮らしていたり、自炊をする一人暮らしの人などは、キッチンの使用頻度は多いと思います。
洗剤や油を使うため、非常に汚れやすい場所です。そのため、毎日使った後に掃除をしていなければ、
あっという間に汚れが溜まり、悪臭がしてきます。
しかし、毎日シンク内を掃除していても悪臭がすることがあり、原因が分からないため、
どのように悪臭を取り除いたらよいのか分からない人も少なくないかと思います。
臭いの種類によって原因が異なりますので、悪臭の原因を探っていき、解決する必要があります。

主な悪臭の原因は、「食べ物カスがゴミ受けに溜まっている」「排水溝に汚れが溜まっている」
「ゴミ受けやワントラップが汚れている」「封水切れ」「封水が腐っている」
「排水パイプに亀裂が入っている」などが考えられます。
「食べ物カスがゴミ受けに溜まっている」場合は、生ゴミが放置されていることによって悪臭が発生します。
生ゴミを捨てずにいると、悪臭だけでなく、ゴキブリなどの害虫が寄ってくる原因にもなります。
1日の終わりには必ず捨てるようにすることで改善されます。

「排水溝に汚れが溜まっている」場合
食べ物カスや石鹸カスなどから起こるヌメリによって放たれる悪臭です。
キッチンのシンク内に顔を近づけると分かるぐらいの臭いであれば、このことが原因の可能性が高いです。
この場合は、業者に依頼する程大きな問題ではないことが多いため、排水管内の清掃用薬剤を流し込めば改善される可能性が高いでしょう。
「ゴミ受けやワントラップが汚れている」場合
一見綺麗に見えても、油汚れや石鹸カスなどの汚れが溜まってしまっている可能性があります。
ゴミ受けの上に水切りネットを取り付けたとしても、これらの汚れはネットの穴をすり抜けてしまいます。
そのため、キッチンを使い終えた後はシンク内だけでなく、ゴミ受けやワントラップも掃除すると良いでしょう。
汚れが溜まってしまっている場合は、重曹を使うとヌメリを綺麗に取り除くことができます。

「封水切れ」
「封水が腐っている」場合
下水の臭いが直に登ってきたり、封水が腐った臭いが直接放たれるために起こる悪臭です。
しばらく水を流し、再び新しい封水を溜めることによって改善されるでしょう。

「排水パイプに亀裂が入っている」
場合
シンク内に悪臭がするというよりも、シンク下の扉を開けたときに悪臭がします。
この場合、排水パイプの亀裂を直せば改善されますが、難しい場合は業者に依頼しましょう。

漏水

水漏れ修理